FC2ブログ
Entry Navigation

こんばんは

来週の国内株式市場見通し:日経平均の強弱ポイントは10625円への移行も
13時48分配信 フィスコ

先週の日経平均は4日に10479.19円を付け、年初来高値を更新した。米ISM製造業景況感指数、中国や英国などのPMIが改善を示しており、世界的な景気底入れに対する期待が高まっている。ただ、その後は四半期決算発表での出尽くし感、テクニカル面での過熱感、米雇用統計を見極めたいとするムードから保ち合いとなった。とはいえ、海外勢による日本株ウエイト修正が続いており、下値の堅さは意識された格好。レンジとしては、翌週にオプションSQを控えていることもあって、権利行使価格の10250円と10500円の間での推移となり、中心値である10375円を挟んでの強弱感が対立していた。

来週の日経平均は、週初から先週の価格帯レンジを上放れてくることになろう。8/7の米雇用統計における非農業部門の雇用者数については、直前でゴールドマン・サックスによる減少幅縮小の見通しなどもあって想定はされていた。しかし、失業率が0.1ポイント低下して9.4%となったことは想定外、これを好感して海外市場は上昇、円相場は1ドル97円台半ばに円安が進んでいる。8/14のオプションSQを控え、権利行使価格の10250円と10500円でのレンジ内(中心値10375円)での値動きが意識されていたが、このレンジを上放れてくることも期待される。ヘッジに伴うショートカバーの動きも強まりやすく、権利行使価格10500円での底堅めから、その上の権利行使価格10750円、11000円が意識される。まずは、10500円と10750円の中心値である10625円へ強弱感が対立するポイントが上方移行する可能性がありそうだ。夏休みシーズンとなることからボリューム自体は増えづらく、リーマンショックで商いの少ない真空地帯でもあるため、SQに絡んだ商いに大きく振らされることになる。

ただ、先高観こそ高まっているものの、参加しづらいところである。8/7にはコニカミノルタが決算内容を嫌気されてストップ安をつけている。主力銘柄へのボトム意識が高まってこないと、押し目買い意欲も強まらない。材料株については、これまでのような大きなトレンドが出難い銘柄が目立っている。上昇はしているが、回転が利きづらい面もあり、資金の動きが鈍っているように感じられる。テーマ銘柄などが幅広く手掛けられるというよりは、決算イベントを手掛りとして単発的に資金が集中する動きとなりそうだ。特に、ETCの値下げ効果によってお盆での帰省が増えるとの見方もされており、参加者は限られる。

経済指標では、6月機械受注(10日)、7月消費動向調査(11日)などのほか、日銀・政策委金融政策決定会合(10-11日)が予定されている。米国では連邦公開市場委員会(FOMC、11-12日)、4-6月の非農業部門労働生産性(11日)、6月の卸売在庫(11日)、MBA住宅ローン申請指数(12日)、新規失業保険申請件数(13日)、7月小売売上高(13日)、7月の消費者物価指数(14日)、7月の鉱工業生産・設備稼働率(14日)、ミシガン大消費者マインド指数(14日)などが予定されている。新規失業保険申請件数は前週比3.8万件減の55.0万件と5週連続で60万件を割り込んでいたこともあり、引き続き改善傾向を確認できるか否かに注目。また、製造業の景況感が改善する一方、非製造業の悪化は続いていることもあり、米小売売上高と同日に予定されているウォルマートの決算へ注目が集まりそうである。雇用に続き消費に改善がみられるようだと、米経済の底打ち期待が一段と高まろう。この際には、米国株式市場の更なる先高意識も強まり、日本株の一段高にもつながる。外需セクターに加え、出遅れ感のある内需セクターの水準訂正も視野に入れる必要が高まると考える。
株式会社フィスコプレイス
【関連ニュース】
スポンサーサイト



category
パグ

クリックお願いします

人気ブログランキングへ

category
パグ

パグ

[ニューヨーク 7日 ロイター] 7月の米雇用統計が予想外に底堅い内容となるなか、市場では、米連邦準備理事会(FRB)の出口戦略について、確信があるとの声が大勢となった。一方、FRBの利上げ開始時期としては2010年以降とみられている。
 ロイターがプライマリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)を対象に実施した調査によると、14社中8社がFRBの出口戦略について確信があると回答。非常に確信があると答えた向きも4社に上った。
 FRBの国債買い入れ規模拡大については、16社中14社がないと回答。一方、ターム物資産担保証券貸出制度(TALF)の延長については15社中13社があると回答した。
 米失業がピークに達する時期としては、15社中7社が2009年第4・四半期と回答。その他6社が2010年第1・四半期、2社が10年第2・四半期と回答した。
 国内総生産(GDP)がプラス成長に転じる時期としては、16社中15社が09年第3・四半期とした。
 FRBの危機対応への評価は、10点満点中平均7.4点で、6月24日調査時点の7.1点から若干評価が上がった。
 FRBの利上げ開始時期としては、16社中11社が2010年、3社が2011年、2社が2012年と回答した。 .

クルーガー米財務省次官補は、ワシントンで会見を行った。米経済安定化の更なる兆候が見られ、09年下半期にGDP拡大を予想するのは理にかなっているとの認識を示した。

「第3四半期は、4-6月期より景気刺激策の影響が見られる」
「経済安定化の更なる兆候」
「景気刺激策が景気悪化に歯止めをかけたのは明らか」
「09年下半期にGDP拡大を予想するのは理にかなっている」
「米国の住宅価格下落は安定」
category
パグ

パグ

7日のNY市場は上昇。ダウ平均は113.81ドル高の9370.07、ナスダックは27.09ポイント高の2000.25で取引を終了した。7月雇用統計で、非農業部門雇用者数が24万7千人減と事前予想よりも減少幅が改善したほか、失業率が9.4%と予想外の低下となったことが好感された。セクター別では不動産やメディアが上昇した一方、半導体・同製造装置やエネルギーが軟調。シカゴ225先物清算値はドル建てが大証比215円高の10635円、円建ては同170円高の10590円。ADRの日本株はブリヂストン、コマツ、日電産、パナソニック、ソニー、京セラ、トヨタ、オリンパス、キヤノン、三井住友など対東証比較(1ドル97.56円換算)で全般堅調。

為替もドル高の、97.47銭となり円建てのCMEも10590円と10500円を超えて、来週は始まりそうです。夏休みも取りたい時期ですが、ショートしてるファンドが、かなりあり週初めは、上昇ピッチが速いかもですね。低位の売り残のある銘柄をこれから探そうと思います。

さて、オプションですが、11000円行く可能性が出てきてます、思案中ですが、11000円のコールは3枚と少ないので心配はしてませんが、これから儲けを増やすのには、プレミアム価格で判断していきます。カレンダースプレットを使い来月の利益を増やす方向が良いかもです。

明日また書きますね。
category
パグ

パグ

NY市場サマリー(7日)
9時12分配信 ロイター

                  (カッコ内は前営業日比、%は利回り)
ドル/円   終値    97.49/55
       始値    95.37/42
   前営業日終値    95.41/46
ユーロ/ドル 終値   1.4185/91
       始値   1.4373/78
   前営業日終値   1.4349/55
30年債
   (2130GMT)     94*07.00 (‐1*04.00) =4.6085%
前営業日終盤     95*11.00 (+0*13.00) =4.5362%
10年債
   (2130GMT)    94*03.00 (‐0*25.00) =3.8562%
前営業日終盤    94*28.00 (+0*01.50) =3.7560%
 2年債
(2130GMT)     99*13.00 (‐0*06.25) =1.3058%
前営業日終盤    99*19.25 (+0*01.00) =1.2041%
ダウ工業株30種(ドル)
     終値         9370.07(+113.81)
   前営業日終値    9256.26(‐ 24.71)
ナスダック総合
     終値         2000.25(+27.09)
   前営業日終値    1973.16(‐19.89)
S&P総合500種
     終値         1010.48(+13.40)
   前営業日終値     997.08(‐ 5.64)
COMEX金(12月限)(ドル/オンス)
       終値      959.50(‐3.40)
     前営業日終値   962.90(‐3.40)
原油先物(9月限)(ドル/バレル)
         終値    70.93(‐1.01)
     前営業日終値     71.94(‐0.03)
CRB商品指数(ポイント)
         終値     264.35(‐0.42)
     前営業日終値      264.77(‐3.66)
 <為替> ドルが急伸。朝方発表された米雇用統計が底堅い内容となり、米経済に対する回復期待が強まった。
 ドル/円は2%強上昇し6月以来の高値をつけ、1日の上昇率も過去2カ月間で最大となった。ドルは対ユーロでも値上がりした。
 <債券> 反落。同日発表された7月の米雇用統計で雇用者数の減少ペースの減速が示されたことを背景に、経済見通しへの明るい見方が強まったほか、米債をはじめとする安全資産の魅力が後退した。
 <株式> 反発。S&P500指数は10カ月ぶり高値をつけた。米雇用統計が予想ほど悪化しなかったことで、経済が回復に向かっているとの期待が強まり、幅広い銘柄に買い注文が入った。
 <金先物> ドル高や利食い売りに押されて続落し、中心限月12月物は1オンス=959.50ドルと前日終値(962.90ドル)比3.40ドル安と続落して引けた。
 <原油先物> 米雇用統計の改善を受けたドル急伸を眺めて利益確定の売りに押され、続落した。米国産標準油種WTIの中心限月9月物は、前日終値比1.01ドル安の1バレル=70.93ドルで終了した。
                          [東京 8日 ロイター] .最終更新:9時12分


category
パグ

クリックお願いします

人気ブログランキングへ

category
パグ

パグ

[ワシントン 7日 ロイター] オバマ米大統領は7日、同日発表された雇用統計について、経済危機の最悪期が過ぎ去った可能性を示すとした上で、景気を再び軌道に乗せるためには依然として多くの課題が残されている、との見解を示した。
 オバマ大統領は7月の米雇用統計発表後、「われわれはけさ、最悪期を脱した可能性を示す新たなしるしを得た」と語った。
 政府の政策がクレジット市場の緊張緩和などに寄与したとし、「トンネルの先に明かりが見えると確信している。われわれは米経済をがけっぷちから引き戻した」と述べた。
 その一方で、「依然として道のりは長い。雇用が失われている間は、真の回復はない」と語った。
 7月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が24万7000人減となった。減少幅はアナリスト予想を大きく下回り、2008年8月以来の低水準となった。失業率も9.4%と前月の9.5%から若干改善。失業率の前月比低下は08年4月以来となる。ロイターがまとめたアナリスト予想は、非農業部門雇用者数が32万減、失業率が 9.6%だった。

7月と反対に政府の発表でしたね どうも早く株価対策で立ち直りたいとの思惑がみえますね。

category
パグ