FC2ブログ
Entry Navigation

大納会ロイターニュース

大納会ロイターニュース

波乱含みの幕開け、為替やアローヘッドの影響を注視=来週の東京株式市場

 [東京 30日 ロイター] 2010年のスタートとなる来週の東京株式市場は波乱含みとみられている。景気回復期待は続いており地合いの強さは維持されるとの見方も多いが、日本株の出直りを演出した円安が一服するようであれば、いったん調整に入る可能性もあるという。逆に円安が一段と進めば日経平均は09年の高値更新も期待される。また4日から東証の新売買システム「アローヘッド」が稼動するため、アルゴリズム取引などシステム売買の増加が与える影響も注目される。

 日経平均の予想レンジは1万0300―1万0800円。

 <09年高値を更新できるか>

 大納会直前の日経平均は終値ベースの09年高値まであと1円65銭と迫っていた。年内最終日を高値で終えれば1999年以来10年ぶりとなり、市場では「新年への期待が高まる」(国内証券情報担当者)との声も多かったが、30日の日経平均は安値引けと逆に新年への不安を高める幕引けとなった。

 史上最高値を付けた1989年のように大納会に高値を付けても、翌年の相場が好調になるとは限らないが、円安基調と景気回復期待による世界株高を背景にした強気ムードもやや後退している。
 みずほインベスターズ証券・投資情報部部長の石川照久氏は「12月短観の大企業・製造業の下期想定為替レート91円16銭を超えた後は為替への反応が鈍くなっている。93円、94円と円安が進めば年初来高値更新もありうるが、92円台では株価はいったん調整する可能性もある」と述べる。
 実際、ドル/円は数日間滞留していた91円台を30日に抜け出し、92円台に突入したが、輸出株の反応は年末で薄商いということもあるが、やや鈍かった。

 新年に入っても日本の外需は堅調を維持する見通しだが、デフレや政府の負債残高の増加などは引き続き株価の足かせになるとみられている。
 格付け機関のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は30日、日本が政策措置を通じて巨額の債務を安定させ、いずれ段階的に軽減することができなければ、「AA」の信用格付けを引き下げる可能性があるとの考えを示した。
 シティグループ証券エコノミストの村嶋帰一氏は「外需はアジアや途上国の経済成長がけん引し底堅いが、デフレなど日本特有の懸念要因は引き続き残るだろう。米連邦準備理事会(FRB)の出口戦略が視界に入れば債券市場などが混乱し一時的にドル安・円高に振れる可能性もある」と述べている。村島氏は2010年度の日本のGDPは前半横ばい、後半に上昇すると予想しているという。

 また30日の市場のムードを悪化させた日本航空(JAL)<9205.T>の支援案の行方は不透明だが、影響が懸念されそろって軟調だったメガバンク株は来年になればファイナンス懸念が再び重しになるとみられている。

 <アローヘッド稼動、影響見極め>

 東証の株式売買システムが約10年ぶりに刷新され、世界標準に準拠した新システム「arrowhead(アローヘッド)」が2010年1月4日から稼動する。従来のシステムより売買スピードがおよそ100倍速くなるほか、売買の際の株価の刻みが細かくなるなど、制度面でも変更される。売買の板情報のみで売買するような一部のデイトレーダーや証券会社の自己売買部門のディーラーなどは投資手法の変更を余儀なくされるとの見方が多い。
 同時に高速・小口取引が可能になるため、コンピューターのプログラムで自動売買するアルゴリズム取引や短時間に大量の注文を出すハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT)などのシステム売買の活発化が予想されている。
 市場では「影響が読めないため、個人投資家などは年末の取引を手控えているようだ。株価を押し上げる要因になるのか押し下げる要因になるのかは現時点では不明だ」(準大手証券ストラテジスト)との声が出ていた。

 <米雇用統計控え、週末にかけては動きが鈍くなる可能性も>

 米国では、年初の4日から12月米ISM製造業景気指数と重要指標の発表がある。5日は11月米製造業新規受注と12月米自動車販売台数、6日は12月全米雇用報告と12月米ISM非製造業景気指数、そして8日には12月米雇用統計が発表される。

 11月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が1万1000人減と、減少幅が市場予想を大幅に下回りほぼ2年ぶりの低水準となり、雇用市場の回復期待が高まった。12月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が増加に転じるとの予想も出ており、強い内容の数字で、米国の金融緩和政策が出口に近づいたとの認識が高まれば、短期筋がドル買いを進める公算が高い。ただ来週の日本市場では結果を織り込めず、週末にかけては様子見ムードが強くなる可能性もある。
スポンサーサイト



category
パグ

今日の株式見通し=小じっかり

今日の株式見通し=小じっかり
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月30日 (水) 08時24分 No.570

今日の株式見通し=小じっかり、円安進み輸出株中心に堅調

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均<.N225>  10638.06 10767.00 7021.28
         +3.83 2009年8月31日 2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10650
東証株価指数    915.87
TOPIX先物   919
シカゴ日経平均先物 10735 (ドル建て)
          10690 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 30日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は小じっかりとなる見
通し。米株は7日ぶりに小反落したが、ドル/円が一時92円台まで円安が進んでおり、
輸出株を中心に堅調な展開になるとみられている。ただ為替以外の手がかりに欠けるため
上値も限定的という。終値ベースでの年初来高値1万0639円71銭を超えて今年の
取引を終えることができるかに関心が集まっている。東証の大納会は今年から終日取引と
なる。

 日経平均の予想レンジは1万0550円─1万0700円。

 12月米消費者信頼感指数は3カ月ぶりの高水準を記録し市場予想も上回ったが、10
月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数は前月比変わらずで市場予想を下回るなど米経
済指標はまちまち。米株は6日間上昇の反動もあり小安く引けたが、年末ということもあ
り薄商いだった。
 日本の株式市場も大納会を迎えたほか、来年1月4日からは東証の新売買システム「ア
ローヘッド」が稼動するということもあって、影響を見極めたいと証券会社のディーラー
や個人投資家は手控え気分が強い。
 ただ92円台までドル高/円安が進み、ここ数日、滞留していた91円台を抜けたこと
で、東京市場ではしっかりした展開になるとみられている。

 明和証券シニアマーケットアナリストの矢野正義氏は「米株は反落したが、円安が株価
を下支えよう。ただ為替以外の手がかりに欠けるため、基本的には狭いレンジでの取引と
なりそうだ。ただ終値ベースで年初来高値で引ければ来年への期待が高まる」と述べてい
る。

 物色方向としては円安を背景に輸出株が中心になるとみられている。
 日立製作所<6501.T>の川村隆会長兼社長は29日、ロイターのインタビューで、グルー
プ再編で資産売却を検討していることを明らかにしたが、株価が低迷している今は売却の
時期ではないとの認識を示した。川村社長は、資産売却も検討課題だとしたが「今は安い
株価がついているので売ると損が出る」と指摘した。ただ「今は時期が悪いが、将来的に
いい時期がきたらいろいろな展開を考える」と述べた。
 事業の取捨選択については「社会イノベーション関連から近いか遠いか」(川村社長)
で判断する方針としたうえで「少し遠くても残しているものがある。日立化成工業
<4217.T>、日立金属<5486.T>などだ。なぜ残しているかというと強い製品を出せるからだ。
付加価値を持った高機能材料事業として生きていける」とも指摘した。日立の高機能材料
事業には、日立化成、日立金のほか、日立電線<5812.T>がある。

 (ロイター日本語ニュース 伊賀 大記記者)


category
パグ

今日の株式見通し=底堅い

今日の株式見通し=底堅い
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月29日 (火) 08時15分 No.565

今日の株式見通し=底堅い、過熱感あるが欧米株高値更新が追い風

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均<.N225>  10634.23 10767.00 7021.28
         +139.52 2009年8月31日 2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10630
東証株価指数    914.78
TOPIX先物   914.5
シカゴ日経平均先物 10660 (ドル建て)
          10600 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 29日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は底堅い動きとなる見
通し。テクニカル的に過熱感のある水準まで上昇しており、利益確定売りも出やすいが、
欧米の株価が軒並み高値更新と外部環境は好調で、売り一巡後は年初来高値を試す可能性
もあるとみられている。強い地合いと年末年始休暇を前に売り圧力は低下しており、買い
戻しが依然続きそうだという。

 日経平均の予想レンジは1万0550円─1万0750円。

 28日終値と25日移動平均線(9940円63銭=28日現在)のカイ離率は
6.97%となり、警戒ゾーンとなる7%に接近している。28日のシカゴ日経平均先物
3月限(円建て)も大証終値比30円安の1万0600円となっており、いったん利益確
定売りが先行する可能性がある。
 ただ薄商いながら欧米株は軒並み高値を更新。米市場では、安全保障をめぐる懸念で航
空株に売りが出る一方、個人消費の改善を示すデータを材料に小売株が上昇した。FTS
Eユーロファースト300種指数終値は<.FTEU3>も銀行株やエネルギー関連株が値を上げ
高値を更新した。
 市場では「一服感が出やすい水準まで上昇しているが、欧米株高を追い風に日経平均は
年初来高値を試す可能性がある。株価を押し上げているのはショートカバーであり、過熱
感があると思っても株価上昇に弾みがつきやすい」(大手投信情報担当者)との声が出て
いる。

 個別では、輸出株が引き続き物色される一方、増資懸念がある銀行株などはさえない展
開が続くとみられている。
 三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>の北山禎介社長はロイターとのインタビュー
で、増資について、競争力を維持するためにどのような手段が株主にとって中長期的利益
になるのかを総合的に検討する必要があるとの見解を示した。現時点で、資本増強の具体
策についてはまだ何も決めていないと述べた。

 (ロイター日本語ニュース 伊賀 大記記者)
 


category
パグ

今日の株式見通し=小動き

今日の株式見通し=小動き
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月28日 (月) 08時42分 No.564

今日の株式見通し=小動き、手がかり不足で個別株中心の展開

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均<.N225>  10494.71 10767.00    7021.28
         -42.21 2009年8月31日 2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10510
東証株価指数    909.39
TOPIX先物   911
シカゴ日経平均先物 10575 (ドル建て)
          10515 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 28日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は小動きとなる見通し。
前週末の米市場がクリスマス休場で手がかり不足であり、為替も落ち着いているため、狭
いレンジでの推移になるとみられている。年末が近づき市場エネルギーが低下しているた
め、11月鉱工業生産は市場予想(前月比2.4%の上昇)から大きく振れなければ材料
視されないとの声が多い。大型株は敬遠され、小型の個別株が物色されそうだという。

 日経平均の予想レンジは1万0400円─1万0600円。

 米国では25日に飛行機爆破未遂事件が起きたほか、イランでは首都テヘランで27日、
改革派支持者と治安部隊が衝突し、地元警察によると5人が死亡した。ただ為替に大きな
動きはなく、市場では「日経平均が1万0500円付近まで戻しており一服感が出ている。
為替が落ち着いており、市場は休みモードなため小動きになりそうだ」(大手証券ストラ
テジスト)との見方が出ている。
 クリスマス明けとなる今晩の米市場の動きを確かめたいとして様子見気分が強まりそう
だという。

 午前8時50分に発表予定の11月鉱工業生産は予測中央値は前月比2.4%の上昇。
10月は0.5%の上昇に減速していたが、自動車や一般機械などを中心に再び2%台の
伸びに回復するとみられている。ただ市場では材料とはしにくいとの指摘が出ている。
「堅調な数字が予想されているが、よほど市場予想から上振れなければ買い材料とはされ
にくいだろう。鳩山内閣の支持率が低下しており政治面での不安定さが懸念される。市場
ボリュームが低下しており、小型株中心の物色となりそうだ」(明和証券・シニアマーケ
ットアナリストの矢野正義氏)という。

 共同通信は25日、トヨタ自動車<7203.T>が、2010年の単体ベースの世界生産台数
見通しを、約750万台に設定したことが同日、明らかになったと報じた。トヨタが部品
メーカーなど取引先との会合で、生産台数の計画を伝えたという。09年見通しの
約650万台から100万台増える。生産台数の増加は2年ぶり。
 報道では、計画は政府のエコカー補助が延長されることを織り込んでおらず、トヨタは
各国市場の回復の度合いも見極め、2月をめどに計画を見直す方針で上方修正する可能性
もあると伝えている。
 10年の世界販売計画(単体)は、09年の台数見込みより40万台増の約740万台
で、販売も2年ぶりの増加となるという。

 (ロイター日本語ニュース 伊賀 大記記者)
 

category
パグ

今週の東京株式市場

今週の東京株式市場
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月28日 (月) 08時09分 No.562

買い戻し一巡で上昇一服、為替動向には神経質=今週の東京株式市場

 [東京 28日 ロイター] 今週の東京株式市場は上昇一服となる見通しだ。現在の株価反発の原動力である円安が1ドル91円台で伸び悩んでいるほか、海外勢の買い戻しやウエート調整も一巡。下値不安は後退したとはいえ、海外勢以外に上値を取りにいく投資家に欠ける構図は変わらない。一方、円安が再進行すれば上値余地も生まれるが、円高に振れれば、これまでの急ピッチの上昇の反動も出やすい。年末特有の薄商いのなかで為替動向に神経質な展開になるとみられている。

 日経平均の予想レンジは1万0200―1万0700円。
 
 今週は30日の大納会まで3日間の取引となる。クリスマス休暇明けとなる海外勢が日本株買いを再開するかが焦点だが、市場では「25日朝方のクロス取引は売り越しになっている銘柄が多かった。海外勢がアンダーウエートにしていた日本株をニュートラルにするアロケーション調整も一巡ではないか」(準大手証券トレーダー)との声も出ている。
 日本株反発の原動力となっているのは円安だが、円安は日本の景気の弱さが背景になっている。日本の景気が弱く、金融緩和状況が他国に比べ長期間続くとみられていることが円安の大きな要因だ。実際、1月8日の12月米雇用統計で非農業部門雇用者数が増加に転じるのではないかとの見方が出る一方、25日に発表された日本の11月完全失業率は4カ月ぶりに悪化。11月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年比1.7%低下と今年6月以来の小幅低下にとどまったが、主に灯油やガソリン価格の下落幅が縮小したことによる影響が大きくデフレ状況は継続している。
 市場では「円安を除けば日本株の買い材料はあまりない」(国内投信ポートフォリオマネージャー)と慎重な声は依然多い。
 増資懸念はいったん後退しているが、「来年に入れば、再び大型増資発表の可能性が出てくる」(国内証券投資調査部)としてメガバンク株はさえないままだ。

 ただ1ドル91円台で伸び悩んでいるドル/円が再び円安方向へのピッチを速めれば、主力輸出株への買い戻しが再開される可能性もある。
 大和証券SMBC金融証券研究所・投資戦略部部長の高橋和宏氏は「海外勢がクリスマス休暇から帰ってきて、外部環境が良ければ日経平均は年初来高値1万0767円を試す可能性もある」と述べている。

 <11月鉱工業生産は28日発表>

 国内では、28日発表の11月鉱工業生産、11月商業販売統計、11月毎月勤労統計が今年最後の大きなマクロ指標となる。鉱工業生産の市場予測中央値は前月比プラス2.4%。
 東証の大納会は前年までは半日取引だったが、今年からは全日取引となる。

 米経済指標でも、29日の10月S&Pケース・シラー米住宅価格指数と12月米消費者信頼感指数、31日の米新規失業保険申請件数が注目される程度と材料は少ない。
 また28日はオーストラリアと、英国、インドが休場。31日はタイ、韓国、ドイツが休場となる。

 ※記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 (ロイター日本語ニュース 伊賀 大記記者)
 


category
パグ

NOMURA21 入れ替え銘柄

8913ゼクス
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月26日 (土) 00時16分 No.561
PTSで1200円200株だけ買いました。何か、中国北京で介護付き、二世帯住宅販売を行うとのことです。そのほか、中国主要都市18都市でも展開していくそうです。2010年3月より着工、販売価格は1~2億円だそうです。詳しくはゼクスのIRをご覧下さい。くれぐれも自己責任でお願いいたします。


NOMURA21 入れ替え銘柄
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月25日 (金) 23時41分 No.560
新規採用 5405 住友金属 6273 SMC 9983 ファーストリテ 1911 住友林業6869 シスメックス 以上5銘柄
除外銘柄 5401 新日本製鉄 4768 大塚商会 6839 船井電機 以上3銘柄 


2270雪印メグミルク
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月25日 (金) 23時35分 No.559
1430円売れてました。書き込み遅くなりすみませんでした。


category
謎の中国人

展望 NO1

展望
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月25日 (金) 16時21分 No.558
今週もお疲れ様でした。

今週は、為替も円安傾向でしたので、日経平均も400円ほど
上昇して、昨日の高値10546.97円 TOPIXも914.30ポイント
まで上昇しました。以前 NT倍率は高く11.50%台です。
今日みたいに、買い戻しが入らないとザラバはあまり
動かず持合い相場の感じになってます。


今日も、昨晩、お年玉銘柄として上げた、三井松島(1518)は
6.43%高の149円+9円 高で終わりましたので、ページの
方では、賑やかになっております。
是非、遊びに来てください。

想定レンジ 10300円上下 390円
     
為替 91円 上下2円

category
パグ

今週が終り

今週も、お疲れ様でした。

今日は閑散相場で、動きが出ない一日でした。
バスケットも少なく、買い戻しが入らないとこの様はイメージですね。

今日は、新規買い銘柄も後場寄りではずし、
新たに、三井松島(1518)1銘柄買い持ちにしました。
後は、キャシュにしました。
来年に向けての整理です。

ミニ先物は、+85円でした。ラッキーなのは、引けが10520円だったですから。
ケーキでも買って帰ろう。
事務仕事が終りこれから帰宅します。

今年も後 3日ですね。

来年の相場が見えると良いのですが。
category
パグ

今日の株式見通し=続伸

今日の株式見通し=続伸
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月25日 (金) 08時27分 No.557

今日の株式見通し=続伸、一段の円安で上値試し

08:23 25Dec2009 UPDATE1: 今日の株式見通し=続伸、一段の円安で上値試し

         前営業日終値 年初来高値  年初来安値
日経平均<.N225>  10536.92   10767.00   7021.28
         ( +158.89) 2009年8月31日   2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10510
東証株価指数    913.72
TOPIX先物   914.5
シカゴ日経平均先物 10575 (ドル建て)
          10515 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 25日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は続伸すると予想され
る。引き続き薄商いのなか、為替をにらみながら上値を試す展開が見込まれる。米株高の
ほか円安の地合いを背景に、主力の輸出株やハイテク株などが底堅い値動きとなる見通
し。商品相場の回復もあり、幅広い買いが予想される。ただ、短期間での上昇による過熱
感から上値は重く、年初来高値(1万0767円)に到達するのは難しいとみられてい
る。

 日経平均の予想レンジは1万0450円─1万0600円。

 前日の米株式市場は休日前の短縮取引のなか続伸。最新週の新規失業保険申請件数が減
少したことや11月の輸送機器を除く耐久財受注が増加したことを受けて景気回復に勢い
がつき始めたとの見方が広がった。ダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>
は1年2カ月ぶり、ナスダック総合指数<.IXIC>は1年3カ月ぶり高値で引けた。

 東京市場は米株高のほか、外為市場でドル/円が91円半ばと円安基調に振れているこ
とから輸出株やハイテク株が物色される見通し。原油価格の上昇もあり、関連銘柄も選好
されそうだ。日中は一段の円安が進めばさらに上値を試す展開が予想される。ただ、「市
場には過熱感も出ており、年初来高値を更新するところまではいかないのではないか」(
大手証券の株式トレーダー)とみられている。

 個別では、三洋電機<6764.T>が注目されそうだ。同社の本間充副社長は24日、ロイタ
ーのインタビューで、電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の供給について、大手自
動車メーカー2社と協議をしていることを明らかにした。ハイブリッド自動車(HV)と
プラグインハイブリッド(PHV)自動車へのリチウムイオン電池の供給は決まっている
が、EV向け電池にも参入を図っており、具体的な話し合いを始めているという。

  (ロイター日本語ニュース 吉池 威記者)


category
パグ

会員ページから

3046ジェイアイエヌ
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月24日 (木) 13時45分 No.556
310円買いました。絶好のカイバだと思います。かなり買いました。300円割れにも指値入れてます。


2270雪印メグミルク
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月24日 (木) 10時15分 No.555
1365円買いました。

category
謎の中国人

朝のコメント

おはようございます。

 金先物   1094.00 +7.30
 WTI     76.67 +2.27
 半導体   355.37 +0.65
 NT倍率   11.49%
 バルチック 3023 -40
 騰落レシオ 97.34%
 売買単価  622.7円
 S&P500VIX  19.71%

NYは今日は小幅高、2日で52ドル高です。ナスダックは続伸で帰ってきてます。マイクロンやレッドパト(ソフトウエア)などハイテク株の決算が良く続伸です。原油在庫が減少して、WTIは続伸エネルギー関連が買われています。
S&P500VIXを見ると、20%割れですので先安感は出てませんが、そろそろ注意が必要です。GDP改定値はネガティブでしたが、続伸していますので、必要だと思います。

想定レンジ 為替91.63円  112ドルから114.5ドル

             10263円から10492円

114.5ドルはSQ前にザラバ高値です。

新規買いの持ちをはずしながら考えます。

野村HD(8604)682円分は、694円で売り決済出します。
category
パグ

近年、発行され続けるDB組成とは?

近年、発行され続けるDB組成とは?
投稿者:ステークホルダー 投稿日:2009年12月20日 (日) 22時50分 No.598
近年、活況を呈するスワップ取引ですが、特にマーケットのボラティリティが高まる度に組成が繰り返されているのが、DB(デリバティブ ボンド)である。
個人投資においては、税務上の体勢がまだ万全とはいえませんが、既に大手証券も含む外資系証券マンの間ではかなりの収益案件になっている模様です。
また、そのほとんどがオーダーメードで組成が出来るとあって、顧客の満足度はリスク&リターンも含めて上々の出来だそうです。まだしばらくは、私募EB(エクスチャンジブル ボンド)を中心にトリオ銘柄で年率30%超・毎月利払いタイプが中心で、早期のノックアウト狙いからも組成案件が進みそうです。
なお、組み入れターゲットはメガバンクを中心に金融銘柄と大手不動産銘柄、それとなぜかJTが多く対象になっているとの噂も?

category
ステークホルダー

東証が上場ルールを改正、新株予約権を株主に割り当てる増資「ライツ・イシュー」の利便性向上

東証が上場ルールを改正、新株予約権を株主に割り当てる増資「ライツ・イシュー」の利便性向上

 [東京 22日 ロイター] 東京証券取引所[TSE.UL]は22日、既存株主に新株予約権を割り当てる資本調達手段である「ライツ・イシュー」の利便性を向上させるため、上場ルールの一部を改正すると正式に発表した。年内に改正する。
 ライツ・イシューは公募増資や第三者割当増資と異なり、既存株主の利益の希薄化を回避できる手段として欧州などで実施されているが、日本ではルールの使い勝手が良くないことなどから利用が進んでいない。未曾有の増資ラッシュによる希薄化への懸念も日本株低迷の一因とされており、東証は企業が増資する際の選択肢を多様化したい考えだ。
 ライツ・イシューは、既存株主に新株予約権を無償で割り当て、株主が資金を払い込んで予約権を行使すれば株式を受け取ることができる手法。増資後の株式数は増えるが、既存の株主すべてに新株予約権を割当発行する。会見した東証の斉藤惇社長は、ライツ・イシューの利用が広がることで「ダイリューション(希薄化)による被害をできるだけ少なくすることができる」と述べた。
 ライツ・イシューでは、割り当てられた株主が予約権を行使しなければ、企業はその分の資金が調達できなくなる。このため、現行ルールでも、株主が行使しない分の予約権を他者に売却しやすくするよう、予約権を上場する仕組みが用意されている。
 ところが、現行ルールで上場できるのは、予約権1個に対し株式1株を発行するケースに限られている。東証は、商品設計の自由度を高めるねらいで、この基準を削除する。これによって、例えば予約権10個に対して1株を発行する新株予約権でも上場が可能になり、増資計画の柔軟性が高まる。

 <本格普及には法改正も必要との指摘>

 金融庁も、大規模増資による希薄化の問題に注目し、ライツ・イシューが希薄化対策として位置付けられるかの調査を進めている。当局への届出や公告などで一定の期間が必要なため、機動的に資金調達したい企業にとっては障害になっているとされる。上場ルールの変更だけでは利用が広がるか不透明だとして、金融商品取引法や会社法における制約を見直す必要があるとの指摘が出ている。

 斉藤社長は「行政当局でも(制度上の問題点を)何とかしないといけないとの気持ちがあると理解している」と述べた。利用が進まないようならば「(増資を考える企業などを)できるだけライツ・イシューに誘導するよう(証券会社などに)お願いする」との見通しを述べた。



category
パグ

昨日のページから謎の中国人・小太郎

8306三菱UFG
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月21日 (月) 15時13分 No.551
473円処理しました。1円抜きでした。株数結構入れてましたので、損しなくて、良かったと思います。


8306三菱UFG
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月21日 (月) 14時38分 No.550
480円出来ず不成り、入れました。


8306三菱UFG
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月21日 (月) 14時36分 No.549
なかなか、すんなり儲けさせてくれませんね。大引けまで我慢、我慢


8306三菱UFG
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月21日 (月) 14時34分 No.548
471円も買えました。本日、処理します。


8306三菱UFG
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月21日 (月) 14時29分 No.547
472円買えました。これも大引け処理します。


4849エンJ
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月21日 (月) 14時04分 No.546
102500円買いました。


8306
投稿者:謎の中国人 投稿日:2009年12月21日 (月) 13時54分 No.545
473円買いました。472円・471円にも指値置いてます。TOPIXのリバランスが本日の引け値で行われることから、パッシブ型ファンドの買いが2時すぎから期待できます。本日の買い分は大引けもしくは、大引け付近で処分します。



おはようございます。
投稿者:小太郎 投稿日:2009年12月21日 (月) 12時29分 No.544
1885 東亜建設 
前場 96円 で買いました。


category
謎の中国人&小太郎

朝のコメント

おはようございます

 金先物   1092.90 -18.60
 WTI     73.45 -0.97
 半導体   352.65 +7.82
 NT倍率   11.42
 バルチック 3154 -104 11日連続安
 騰落レシオ 91.16%
 売買単価  630.4円
 S&P500VIX  20.49%

NYは、薄商いの中高値もみ合いで引けました。ナスダックは1年3か月ぶりの高値を付けてます。
今日の日経新聞にも書いてありますが、NT倍率が高値を更新してます。
昨日は、東京エレク・ユニクロなどで、26円日経を押し上げています。
今晩のNYは、GDP確定値及中古住宅販売など指数の発表がありますので
為替をはじめ、動く可能性が薄商いのなか大きいです。
ギリシャの問題でユーロ/ドルは1.43ドルと安値を付けてます。巻き戻しで円が安くなってます。

想定レンジ 為替91.18円 111.5ドルから113.5ドル

            10167円から10348円です
category
パグ

今日の株式見通し=続伸、

今日の株式見通し=続伸、
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月22日 (火) 08時32分 No.553

今日の株式見通し=続伸、円安で輸出・ハイテクはしっかり

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均<.N225>  10183.47 10767.00   7021.28
         +41.42    2009年8月31日 2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10190
東証株価指数    891.48
TOPIX先物   891.5
シカゴ日経平均先物 10310 (ドル建て)
          10265 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 22日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は続伸となりそうだ。
海外勢のクリスマス休暇入りで薄商いのなか、国内短期筋中心の取引。外為市場でドル/
円が91円台へと一段の円安に振れていることを背景に、主力の輸出やハイテクなどはし
っかりの展開が予想されている。年末シーズンで個人投資家が中小型株を物色する動きも
指摘される。ただ、参加者が少ないことから上値を追う展開にはなりにくいとみられてい
る。

 日経平均の予想レンジは1万0100円─1万0300円。

 外為市場でドル/円は91円台とじりじり円安方向に向かっていることから、「輸出株
やハイテク株は前日よりも買われやすい」(大手証券の株式トレーダー)ため、しっかり
の値動きとみられている。前日の東京市場でみられた三菱UFJフィナンシャル・グルー
プ<8306.T>の増資に伴う持ち高調整が、きょうも小規模ながら予想されている。

 年末シーズンに入って、個人投資家が中小型株を物色する動きが前日から観測されてお
り、きょうもそうした展開になるとの見通し。ただ、前日から海外勢がクリスマス休暇に
入って「取引参加者が少ないため、買い地合いでも上値は伸びない」(同トレーダー)と
みられている。

 銘柄別ではトヨタ自動車<7203.T>が注目される。22日付日経新聞朝刊によると、同社
は部品調達コストを現行の購入価格に比べ、3年間かけて3割削減する。2000年から
6年間で累計1兆円規模のコストを削減した実績もあるが、今回はそれ以来の大規模な取
り組みという。

  (ロイター日本語ニュース 吉池 威記者)


NY市場サマリー(21日)
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月22日 (火) 08時31分 No.552

NY市場サマリー(21日)

*債券のレートを更新しました。

                     (カッコ内は前営業日比、%は利回り)
ドル/円   終値    91.11/16
       始値    90.53/56
   前営業日終値    90.44/50

ユーロ/ドル 終値   1.4282/84
       始値   1.4355/59
   前営業日終値   1.4343/47

30年債
   (2230GMT)      96*29.00 (‐1*22.00) =4.5655%
前営業日終盤    98*19.00 (‐0*21.50) =4.4604%

10年債
   (2230GMT)    97*15.50 (‐1*03.00) =3.6803%
前営業日終盤    98*18.50 (‐0*17.00) =3.5463%

 2年債
(2230GMT)     99*25.00 (‐0*04.00)=0.8639%
前営業日終盤    99*29.00 (‐0*02.50)=0.7987%

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>
     終値         10414.14(+85.25)
   前営業日終値    10328.89(+20.63)

ナスダック総合<.IXIC>
     終値         2237.66(+25.97)
   前営業日終値    2211.69(+31.64)

S&P総合500種<.SPX>
     終値         1114.05(+11.58)
   前営業日終値    1102.47(+ 6.39)

COMEX金(2月限)(ドル/オンス)<0#GC:>
          終値    1096.00(‐15.50)
     前営業日終値   1111.50(+ 4.10)

原油先物(1月限)(ドル/バレル)<2CLc1><0#CL:>
         終値     72.47(‐0.89)
     前営業日終値   73.36(+0.71)

CRB商品指数(ポイント)<.CRB>
         終値     274.78(‐1.36)
     前営業日終値  276.14(+0.01)
--------------------------------------------------------------------------------
 <為替>  ドルが対円で6週間ぶりの高値を付けた。今年ほぼ軟調だったドルを買い戻
す動きに加え、米国の経済成長が2010年に加速するとの見方が強まった。ユーロ/ドル
は1.43ドルを割り込み、3カ月半ぶり安値近くまで下げた。ギリシャの財政懸念がユー
ロとユーロ圏経済見通しを圧迫した。

 NY外為市場:[USD/J]
--------------------------------------------------------------------------------
 <債券> 下落。明るさを増した短期的な経済成長見通しを背景に投資家のリスク許容
度が高まり、株式などの高リスク資産が選好され、米国債など低リスク資産に対する逃避
買いが後退した。

 米金融・債券市場:[US/BJ]
--------------------------------------------------------------------------------
 <株式> 続伸。ナスダック総合指数は1年3カ月ぶり高値で引けた。医療保険制度改
革法案をめぐり、米上院で前進の動きがみられたほか、証券会社がインテルやア
ルコアの投資判断を引き上げたことが好感された。

 米国株式市場:[.NJP]
--------------------------------------------------------------------------------
 <金先物> クリスマスを控えて薄商いの中、ドル高を背景とした売りに大幅反落して
終了。中心限月2月物の終値は、前週末終値(1111.50ドル)比15.50ドル安
の1オンス=1096.00ドルと、中心限月ベースとしては、11月6日
(1095.70ドル)以来、約1カ月半ぶりの安値となった。

 NY貴金属:[GOL/XJ]
--------------------------------------------------------------------------------
 <原油先物> 売り買いが交錯した後、小反落して終了。この日が取引最終日となる米
国産標準油種WTIの1月物は、前週末終値比0.89ドル安の72.47ドルで終了。

 NYMEXエネルギー:[CR/USJ]
--------------------------------------------------------------------------------

                           [東京 22日 ロイター]


category
パグ

取引が終り

お疲れ様です。

トレンドは終始出ない、1日でしたね。
今週は、この様な日が続きそうです。

ドル換算ベース概算終値 112.71ドル

取り組み銘柄として、書いてます パイオニア(6773)や大京(8840)あたりが動いてくれることを期待はしてます。
明日もよろしくお願いします。

ミニ先物+10円でした。
category
パグ

朝のコメント

おはようございます。

 金先物   1113.60 +4.10
 WTI     74.42 +0.34
 半導体   344.83 +5.01
 NT倍率   11.34
 バルチック 3376 -98
 騰落レシオ 91.71
 売買単価  657.0円
 S&P500VIX  21.68%

NYは小幅高、為替は90.4円台です。商いは減少すると思いますので、
値幅は、昨日書きましたが、乏しいのではなかろうかと思います。
為替を見ながらの売買になりそうです。

想定レンジ 為替90.4円 111.5から113.5ドル

            10080円から10260円

様子を見ながらの売買です。
高ければ、少し新規売りをします。
category
パグ

今日の株式見通し=もみあい

今日の株式見通し=もみあい
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月21日 (月) 08時47分 No.543

今日の株式見通し=もみあい、円安方向受けハイテクなどに買いも

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均<.N225>  10142.05   10767.00   7021.28
         ( -21.75)  2009年8月31日 2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10140
東証株価指数    893.59
TOPIX先物   892
シカゴ日経平均先物 10160 (ドル建て)
          10115 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 21日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均はもみあいそうだ。
海外勢がクリスマス休暇に入って薄商いとなるなか、国内短期筋の動向に振らされる展開
が予想される。外為市場が円安方向に振れていることから主力輸出株を中心い買いが入
り、相場をけん引する局面もあるとみられている。一方で、上値では戻り売りが出やすい
との見方に変わりはなく、狭いレンジの中で方向感の乏しい値動きになる可能性が指摘さ
れている。

 日経平均の予想レンジは1万円─1万0200円。

 18日の米株式相場は、米オラクルとカナダの携帯情報端末(PDA)大手、
リサーチ・イン・モーション(RIM)が堅調な四半期決算を発表した
ことでナスダック総合指数は1%超上げた。一方、米ドルの上昇により、ダウ工業株30
種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>の上げ幅は限定的だった。週明け東京市場は、為替
を手掛かりに国内短期筋の動きに振られる相場展開が予想される。

 外為市場でドル/円は90円半ばと円安方向に振れており、主力輸出株やハイテクが選
好されやすいとみられている。大手証券の株式トレーダーは「小幅上昇の地合い」とみて
いるが、他に材料が乏しいことから大和証券SMBC金融証券研究所・投資戦略部部長の
高橋和宏氏「上値を追うのは難しい」との見方を示す。上値での戻り売り圧力は依然とし
て強そうだとの見方もある。

 物色動向としてはホンダ<7267.T>が注目される。同社は中国で5カ所目となる新工場を
建設する方針を固めた。湖北省武漢市の合弁会社、東風本田汽車(東風ホンダ、湖北省)
の第2工場として建設する。投資額や生産規模は現在詰めているという。東風本田汽車の
武漢工場は今年8月に年間生産能力を12万台から20万台に増やしたばかりだが、現地
の需要増に対応するには能力拡大が必要と判断。年明けにも新工場の詳細が決まるもよう。
現在のホンダの中国での年間生産能力は61万台。

  (ロイター日本語ニュース 吉池 威記者)
 

category
パグ

現在のオプション

無題

オプションポジション

所有証拠金 155万
category
パグ

展開 NO2

こんにちは、

今週はNYも年度内最後のSQ週になってましたので、ポジション整理が入り、1.3%下落S&P総合500種は0.3%下落したと推測します。
ナスダックは、半導体指数が堅調の為 1%の上昇でした。

NYの日足を見るとまるみを感じますそしてクリスマス休暇に入りますので調整色が強まる感じです。

S&P500VIXも先安感がでてきてますので、注意が必要になってきてます。商いは閑散になるでしょうから、値動きが激しくなりそうです。
金曜日も高値と安値は100ドル近くあり、買い戻しも一巡してきた感じと分析してます。

はっきりはしてませんが、不安要因*****************************************円換算で10115円なのかも知れません。

ドル換算ベースですと概算111.89ドルですので、自分の転換**********************************************************思います。

明日は、展開を書きます。
良い週末をお過ごし下さい。
category
パグ

来週の展開 NO1

来週の展開
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月18日 (金) 16時11分 No.542
今週もお疲れ様です。

先週も今週も駒足で、今週は陽線で終わりました。
為替の動きが、ドルキャリーの買い戻しで、円安方向に
動いてるのも支えになってます。
日経平均の、パラボリックは陽展して、一目均衡表の雲で
打ち返されてます。来週は、為替の安定と26週移動平均線の
上で推移するなら雲抜けもあり得そうですが・・・

年末に向けて上昇を期待したいところですが、海外要因で
下振れも考えられるので、大きな相場にはならないと思います。
外人の買い戻しも来年前半にかけて、1兆円を超す話が入って
ますので、ある程度の底堅さは出ると推測してます。
鳩山さんが、頑張ってくれると新規に外人の買いが入り
良い相場になってくれることを期待してはいます。


来週の想定レンジ 10100円 上下390円

為替        88円上下2円

来週も皆さんと利益を出しに行きましょう。

category
パグ

朝のコメント

おはようございます。

 金先物   1107.40 -28.80
 WTI     72.65 -0.01
 半導体   339.82 -5.04
 NT倍率   11.34
 バルチック 3376 -98
 騰落レシオ 87.05%
 売買単価  642.7円
 S&P500VIX  22.51%

NYは、材料出尽くしと商品市況の下落、昨日書いたギリシャの問題で下げて帰ってきました。
日経もイブニングの下落あたりの10115円でCMEも引けてます。
為替次第では、10000円前後もありそうな感じです。
今日の日経新聞 4面右上に(後でスタッフに掲載してもらいますが)
デリバティブ最大手が参入との記事が出てます。先日書きましたが、これで株も翌日決済が進みそうです。小額の取引をしてる個人は、差金決済が出きれば、一日に総合的に株・先物・FXと取引がその時にあった取引が可能になるからです。税制の問題もいずれ背番号制にいこうするので、差金決済が早まる感じに受けました。
日本の証券会社も淘汰がまた起きるでしょうね。(カメちゃんがまた、うるさいかも)

想定レンジ 為替89.70 111.5ドルから114ドル

           10002円から10226円

様子見です。

住友鉱(5713)高ければ新規売りします。
category
パグ

今日の株式見通し=弱含み

今日の株式見通し=弱含み
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月18日 (金) 08時25分 No.539

: 今日の株式見通し=弱含み、輸出中心に売り圧力

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均<.N225>  10163.80 10767.00 7021.28
         -13.61 2009年8月31日 2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10150
東証株価指数    896.28
TOPIX先物   893.5
シカゴ日経平均先物 10170 (ドル建て)
          10115 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 18日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は弱含みの展開が予想
されている。17日の米株が下落したほか、金価格が急落したことを受けて輸出株や資源
関連株への売り圧力が強まるとみられている。市場では「対ドルの円高は小康状態である
一方、対ユーロでの円高が進んでいる。値がさの輸出株を中心に売り先行となりそうだ」
(みずほ証券エクイティ調査部・シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出て
いる。

 日経平均の予想レンジは1万0000円─1万0200円。

 みずほ証券の三浦豊氏は「上値でのシコリ感が強く、1万0200円水準では戻り売り
圧力が引き続き強い」とみている。日経平均は今週、何度も1万0200円に達しては押
し返されている。半面、下値も限定的という。日興コーディアル証券エクイティ部・部長
の西広市氏は「25日移動平均線(9778円75銭=17日現在)が右肩上がりとなっ
ており、下値は底堅い」と述べた。ただ「週末で様子見姿勢が強まる可能性がある」
(西氏)との見方だ。

 きょうは日銀金融政策決定会合の2日目。1日の臨時会合で新たな政策を決めた後でも
あり、市場では現状維持になると予想している。「臨時会合で決定した政策の効果見極め
の姿勢を確認するのにとどまるのではないか」(国内証券)といい、市場への影響は限定
的となりそうだ。

 18日付日経新聞朝刊は、豊田通商<8015.T>がオーストラリアで地下の石灰層にたまっ
たガス「炭層メタン」の鉱区権益を取得したと報じた。英国のエネルギー大手BGグルー
の開発プロジェクトに参加する形で、豊田通商の総投資額は約200億円。今後
の需要増が見込まれる炭層メタンの開発に乗り出し、資源・エネルギー事業の拡大を急ぐ
と同紙では伝えている。

 (ロイター日本語ニュース 石渡 亜紀子記者)
 

category
パグ

取引が終り

お疲れ様です。

なんともかんともです。
気力のない相場展開でした。2日連続日足はやな形で終わりました。
前場も書きましたが、買い戻しが前場だけで終わると後はだらだらとした展開で、為替にも反応せず引けました
NY先物も下落してましたし、先物の出来高も低調でしたのでこの様な形になったと推測します。

昨日、地下鉄の広告で朝日新聞の宣伝だと思いますが、政治に対する川柳が多く掲載されてましたが、内容は全部覚えてませんが、皮肉が多く掲載されてました。
「やっと政治が酒の肴になる・・」「身内だけの政局・・」こんな感じで書いてあるので、なんとか早く先に希望が持てるはっきりとした方向性のある政策でも出してもらいたいものです。

ドル換算ベース概算終値 112.80ドル

取れそうなのは、引け間際から引けにかけてだけでしたね。

トータル-5円でした。

FXはトータル +320円 
category
パグ

前場が終わり

昨年は、環境がテーマで、この時期にユアサや初期の明電舎や井関などが動いてましたが、今年はテーマで動いてる株は少なく、公募増資をした銘柄が、日替わりで動いている感じです。みずほBAK・住友BAKは、1月10日以降で公募発行もできる環境になるので、まだまだ買い進む事は、出来そうにない感じです。ただ外人の買い戻しが現在6000億と言われてますが、1兆円を超えるとの事ですので、当分はしっかりした展開は続きそうです。
自分は来年のテーマ探しをしてる段階です。

ドル換算ベース概算終値 113.67ドル

おはようございます。

 金先物   1136.20 +13.20
 WTI     72.66 +1.97
 半導体   344.86 +5.89
 NT倍率   11.33
 バルチック 3474 -44
 騰落レシオ 85.32%
 売買単価  565.3円
 S&P500VIX  20.54%

NYは、多少材料出尽くし感がでてます。VIX指数も20.54%と低下して
先安感は出てませんが、少し警戒です。日経の欧州の記事でもギリシャの問題で、ユーロが下落してますしデフレ傾向が高まってます。
さて、日経ですが売買単価も最近は、565.3円と下落傾向になってきてます。昨日もメガバンクが買われその傾向が続けば底堅い展開になりそうです。

想定レンジ 為替89.80円  112.5ドルから114.5ドル

              10103円から10282円

女性に人気がある株(監視中)

 コシダカ(2157)・COOK(2193
category
パグ

今日の株式見通し=堅調

今日の株式見通し=堅調
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月17日 (木) 08時09分 No.535

今日の株式見通し=堅調、FOMCの声明文を好感

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均<.N225>  10177.41 10767.00 7021.28
         +93.93 2009年8月31日 2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10180
東証株価指数    898.29
TOPIX先物   897
シカゴ日経平均先物 10295 (ドル建て)
          10235 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 17日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は堅調な展開となる見
通し。
 米FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文で米国景気の改善継続が確認されたことを
受けてドル高/円安に振れやすく、日本株にプラスに働くとみられている。
 日経平均は一目均衡表の雲の上限である1万0200円程度が意識され、この水準に達
すると押し返されてきたが、「きょうは終値で1万0200円クリアを目指す動きとなり
そうだ」(大和証券SMBC金融証券研究所投資戦略部・部長の高橋和宏氏)という。

 日経平均の予想レンジは1万0050円─1万0300円。

 FOMCでは、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置
くことを全会一致で決定した一方、緊急流動性対策の大半については来年初めまでに終了
するとした。16日の米株式市場ではFOMCの声明文は目新しい材料とはならず、株価
押し上げにはつながらなかったが、東京市場はプラス材料として好感されるとの声が出て
いる。
 明和証券シニア・マーケットアナリストの矢野正義氏は「米国景気の回復が継続してい
ることを確認し、一時的流動性スワップ措置や期間が長めの証券購入を完了する計画を表
明するなど、先行きの出口戦略を示唆した。これを受けてドル高に振れる可能性が高く、
ドル高/円安を通じて日本株にとってはプラスに作用する」と述べた。「これまで日本株
出遅れの背景にあった円高と増資警戒感がひとまず解消されつつある。政策不安が引き続
き懸念材料として残っているものの、終値で1万0200円をクリアできれば年末高も期
待できる」という。

 きょうは、引き続き銀行株が物色されるとみられるほか、円安基調が続けば輸出株も堅
調となる見通し。
 17日付日経新聞朝刊は、シャープ<6753.T>がオランダの総合電機フィリップス・エレ
クトロニクスと液晶テレビ事業で提携すると報じた。2010年にもフ
ィリップスがヨーロッパや南米に持つ工場向けに液晶パネルの供給を始める。液晶パネル
の外販先拡大で量産効果を引き出し、コスト低減を目指すと同紙では伝えている。

 (ロイター日本語ニュース 石渡 亜紀子記者)
 

category
パグ

FOMCこうみる

FOMCこうみる
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月17日 (木) 07時56分 No.534

FOMCこうみる:出口への方向転換を示唆、ドル高通じて日本株にプラス=明和証 矢野氏

 <明和証券シニア・マーケットアナリスト 矢野正義氏 >

 FOMCでは低金利政策を維持した一方、米国景気の回復が継続していることを確認し、一時的流動性スワップ措置や期間が長めの証券購入を完了する計画を表明するなど、先行きの出口戦略を示唆し、方向転換を示したとみている。これを受けてドル高に振れる可能性が高く、ドル高/円安を通じて日本株にとってはプラスに作用するだろう。

 (東京 17日 ロイター)



米国株式市場サマリー(16日)
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月17日 (木) 07時56分 No.533

米国株式市場サマリー(16日)

                        (カッコ内は前営業日比)
ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>
     終値       10441.12(‐10.88)
     始値       10449.81
     高値       10509.97
     安値       10427.59
   前営業日終値   10452.00(‐49.05)
ダウ輸送株20種      4174.63 (+10.84)
ダウ公共株15種      403.38 (‐2.12)
NYSE出来高概算     11.64億株
   値上がり(銘柄)   1967
   値下がり(銘柄)   1058
   変わらず        113
S&P総合500種<.SPX>
     終値       1109.18(+1.25)
     始値       1108.61
     高値       1116.21
     安値       1107.96
ナスダック総合<.IXIC>
     終値       2206.91(+5.86)
     始値       2210.35
     高値       2220.46
     安値       2203.33
フィラデルフィア半導体株指数<.SOXX>    344.86 (+5.89)
シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)終値 10295 (+115)大証終値比
シカゴ日経平均先物3月限(円建て)終値 10235 (+55)大証終値比
-------------------------------------------------------------------------------
 ほぼ横ばいで引けた。米連邦準備理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)
声明で金利を長期にわたり異例に低い水準に維持する方針を再確認したことは、市場には
目新しい材料とならず、株価押し上げにはつながらなかった。
 FOMCは、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置く
ことを全会一致で決定。緊急流動性対策の大半については、来年初めまでに終了するとし
た。
 声明発表を受けて金融株は上げ幅を縮小し、S&P金融株指数<.GSPF>は0.7%高で
取引を終えた。JPモルガン・チェースは1.2%上昇。
 米労働省が発表した11月の消費者物価指数(CPI)は、総合指数が前月比プラス
0.4%でアナリスト予想と一致。インフレ懸念が後退し、株価の支援材料となった。
 11月の住宅着工件数が前月比8.9%増加し、5月以来の大幅な伸びを示したことを
受けて、住宅建設株が買われた。ダウ住宅建設株指数<.DJUSHB>は4.4%高、KBホー
は6%急伸した。
 インテルは2.1%安。米当局は、同社が市場での支配的な地位を不法に利用
し、競争を排除したなどとして、同社を反トラスト法違反の疑いで提訴した。
 複合企業のハネウェル・インターナショナルは2.1%安。2010年の純利
益が13─21%減少するとの見通しを示したことが嫌気された。

                           [東京 17日 ロイター]


category
パグ

メガバンクが急反発。ロイター

〔兜町ウォッチャー〕新資本規制延期報道で銀行株が急反発、不透明要素あるがいったん買い戻し

 メガバンクが急反発。みずほフィナンシャルグループ<8411.T>が一時、20%を超える上昇、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>はストップ高まで買われた。世界の中央銀行・金融規制当局者で構成するバーゼル銀行監督委員会が、銀行の自己資本規制の強化について、経過措置期間を設ける方向で最終調整していることが16日明らかになり、早期の大型増資リスクが後退したとして買い戻しが入った。ただ不透明要素も多く、ショートカバー一巡後は伸び悩んだ。

 <負のスパイラル逆転に期待の声>

 これまで長期に渡り銀行株の上値を抑えてきたのが増資懸念だった。バーゼル銀行監督委員会が金融危機の再発を防ぐために、銀行の自己資本規制強化を検討することが明らかになった夏以降、銀行株は低迷。狭義(コア)の中核的自己資本が過小な日本の大手銀行は大型増資を迫られるとみられたためだ。  実際、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>は1兆円を超える過去最大規模の公募増資を実施。日本株の長期低迷は経済や政治への不安が大きな要因であり、増資をすべての悪役にはできないが、「公募株を購入するために他の株を売る投資家もみられるなど需給面での圧迫要因となった」(国内証券株式営業部)という。
 15日に三菱UFJが公募価格を決定しても、アク抜け感は広がらず、三井住友FGやみずほFGの株価は上値の重い展開が続いていた。

 こうしたなか、新資本規制延期報道は大きなポジティブ・サプライズとなった。売り込んでいたヘッジファンドや短期筋などが買い戻しを迫られ、銀行株は急速に切り返した。「新規制の完全実施時期が延期されれば内部留保の蓄積で規制をクリアできる可能性が大きくなり、大型増資の懸念も後退する」(外資系証券)との見方も聞かれた。
 コスモ証券・投資情報部副部長の清水三津雄氏は「多くの個人投資家が銀行株を保有している。将来の売り需要となる信用買い残が積み上がっており需給面での懸念要因もあるが、株価が売りをこなして上昇すれば個人の資金の回転が効いてくるため、これまでの需給面での負のスパイラルが逆転する可能性がある」と指摘している。

 <いずれ増資は必至との見方、収益力にも不安>

 ただ16日の東京市場でメガバンク株は後場伸び悩む展開となった。ひとつは新資本規制の行方が依然として不透明なためだ。
 関係筋によると、バーゼル銀行監督委員会は2012年末までを目標に段階的に新規制を実施するとしていた方向性は変えない一方、経過措置期間を設ける方向で最終調整しているが、一部報道にあった10年以上といった具体的な期間は盛り込まない見通しだ。「買い戻しが一巡した後は様子見の展開となった。海外市場での反応をみたいというムードだ」(準大手証券トレーダー)という。
 また「移行期間を設ける分、自己資本控除項目等に関しては厳しいものとなる可能性がある」(シティグループ証券・銀行アナリストの野崎浩成氏)との指摘もあった。

 市場では、新規制が段階的にせよ導入される方向は変わらないため、三井住友FGやみずほFGはいずれ増資を実施するとの見方が依然として強いことも株価伸び悩みの要因となっている。三井住友FGは19日、みずほFGは来年1月10日にロックアップが解除され増資が可能になる。

 日本に高成長が見込めないなか銀行収益に回復期待を持ちにくいことにも変化はない。立花証券・執行役員の平野憲一氏は銀行業について「デフレ経済のなか、もうかるビジネスモデルではない」と指摘する。
 日銀が8日発表した11月の貸出資金吸収動向によると、銀行・信金計の貸出平残は前年比0.2%増となり、10月の同1.4%増から伸びが鈍化。伸び率としては2007年12月(0.1%増)以来の低い伸び率にとどまった。

 シティグループ証券の野崎氏は「規制強化されることは変わらない。内部留保の蓄積により厳格化された基準をクリアし株主還元に向かうにはかなり時間を要する。したがってオーバーシュート分の修正後、株価は正直に収益力を反映するだろう」と述べている。


category
パグ

取引が終り

お疲れ様です。

色々な発言が出ますね。
海外から見れば、相変わらずだと思っているのでしょうね。
為替は、小動きでしたので、今日は良く動いてくれたと思います。

ドル換算ベース概算終値 113.70ドル

買い新規 3銘柄買いました。
     4銘柄保有中です
新規売り 1銘柄保有中

ミニ先物 +70円

イブニング 10240円の終り +130円も取れました。ラッキー
category
パグ