FC2ブログ

CME 9960円 欧州株式中盤=下落、

欧州株式中盤=下落、FRB議長発言や独鉱工業生産の予想外の低下で
22時00分配信 サーチナ

--------------------------------------
ロンドン時間午後1時(日本時間午後10時)すぎの欧州の主要株価は以下の通り。

           直近値 前日比 高値 / 安値
英  FT100指数 5236.49 - 74.17(- 1.40%) 5323.36 / 5219.99
仏  CAC40指数 3778.54 - 61.51(- 1.60%) 3854.08 / 3768.07
独    DAX指数 5679.44 - 105.31(- 1.82%) 5809.80 / 5659.40
--------------------------------------
 欧州株式中盤は下落。ロンドン時間午後1時すぎ、英FT100は前営業日比
74.17安の5236.49、仏CAC40は同61.51安の3778.54、独
DAXは同105.31安の5679.44。
 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が前日、米経済の回復ペースは緩
やかで失業率はしばらく高水準で推移するとの見方を示したことや、10月の独鉱工業
生産指数が予想に反して3カ月ぶりに低下したことなどが嫌気されている。また、アラ
ブ首長国連邦(UAE)の政府系持ち株会社ドバイ・ワールド傘下の不動産開発会社、
ナキールの1-6月期業績が約3230億円の赤字となったことも一因となり、銀行主
導で下げ幅を拡大している。

 英小売り、テスコは下落。9-11月の燃料と付加価値税を除く既存店売上高は前年
同期比2.8%増となったものの、前四半期の同3.1%増から鈍化し、市場予想を下
回った。

 エネルギー、鉱山などは下落。ドル上昇を背景にした商品安が背景となっている。

 ギリシャ・ナショナル銀行などギリシャの主要行は下落。2年物国債が急落し、利回
りは昨年11月以来で最大の上昇となった。前日同様、10月の選挙で勝利した新政権
が15年ぶりの経済危機に対処する政策を放棄する可能性があることから、景気動向に
対する新たな懸念が広がっている。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S
&P)は前日、ギリシャの長期ソブリン債務格付け「A-」を格下げ方向で見直すと発
表した。また、フィッチ・トレーディングスはこの日、ギリシャの長期外貨建ておよび
自国通貨建て発行体デフォルト(債務不履行)格付け(IDR)を「BBB+」と、従
来の「A-」から引き下げた。

 スウェーデンの通信機器メーカー、エリクソンは上昇。HSBCホールディングスが
投資判断を引き上げた。
                     (オーバルネクスト NY/三井重憲)
スポンサーサイト



category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/1029-d1a8d936