FC2ブログ

今日の株式見通し=堅調

今日の株式見通し=堅調
投稿者:パグ 投稿日:2009年12月17日 (木) 08時09分 No.535

今日の株式見通し=堅調、FOMCの声明文を好感

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均<.N225>  10177.41 10767.00 7021.28
         +93.93 2009年8月31日 2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10180
東証株価指数    898.29
TOPIX先物   897
シカゴ日経平均先物 10295 (ドル建て)
          10235 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 17日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は堅調な展開となる見
通し。
 米FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文で米国景気の改善継続が確認されたことを
受けてドル高/円安に振れやすく、日本株にプラスに働くとみられている。
 日経平均は一目均衡表の雲の上限である1万0200円程度が意識され、この水準に達
すると押し返されてきたが、「きょうは終値で1万0200円クリアを目指す動きとなり
そうだ」(大和証券SMBC金融証券研究所投資戦略部・部長の高橋和宏氏)という。

 日経平均の予想レンジは1万0050円─1万0300円。

 FOMCでは、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置
くことを全会一致で決定した一方、緊急流動性対策の大半については来年初めまでに終了
するとした。16日の米株式市場ではFOMCの声明文は目新しい材料とはならず、株価
押し上げにはつながらなかったが、東京市場はプラス材料として好感されるとの声が出て
いる。
 明和証券シニア・マーケットアナリストの矢野正義氏は「米国景気の回復が継続してい
ることを確認し、一時的流動性スワップ措置や期間が長めの証券購入を完了する計画を表
明するなど、先行きの出口戦略を示唆した。これを受けてドル高に振れる可能性が高く、
ドル高/円安を通じて日本株にとってはプラスに作用する」と述べた。「これまで日本株
出遅れの背景にあった円高と増資警戒感がひとまず解消されつつある。政策不安が引き続
き懸念材料として残っているものの、終値で1万0200円をクリアできれば年末高も期
待できる」という。

 きょうは、引き続き銀行株が物色されるとみられるほか、円安基調が続けば輸出株も堅
調となる見通し。
 17日付日経新聞朝刊は、シャープ<6753.T>がオランダの総合電機フィリップス・エレ
クトロニクスと液晶テレビ事業で提携すると報じた。2010年にもフ
ィリップスがヨーロッパや南米に持つ工場向けに液晶パネルの供給を始める。液晶パネル
の外販先拡大で量産効果を引き出し、コスト低減を目指すと同紙では伝えている。

 (ロイター日本語ニュース 石渡 亜紀子記者)
 

スポンサーサイト



category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/1052-e08a9004