FC2ブログ

今日の株式見通し=続伸

今日の株式見通し=続伸
投稿者:パグ 投稿日:2010年01月05日 (火) 08時40分 No.579

: 今日の株式見通し=続伸、為替と商いのボリュームが鍵

        前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値
日経平均<.N225>  10654.79 10767.00 7021.28
         +108.35 2009年8月31日 2009年3月10日
同3月限<0#2JNI:> 10640
東証株価指数    915.75
TOPIX先物   915
シカゴ日経平均先物 10875 (ドル建て)
          10615 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 5日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は続伸となる見通し。
4日の米株高の流れを受けて、東京市場も堅調な展開が予想されている。4日のシカゴ日
経平均先物終値(ドル建て)の1万0875円にサヤ寄せする形となりそうだ。ただ、外
部要因以外は手がかり難。ドル/円為替が足元で1ドル92円台半ばと円安が進んでいな
いこともあり、市場では「朝高後は1万0700円前後でのもみあいとなる可能性もある」
(大和証券キャピタル・マーケッツ金融証券研究所投資戦略部・部長の高橋和宏氏)との
声が出ている。

 日経平均の予想レンジは1万0650円─1万0850円。

 年明け4日の米国株市場は反発。ダウ平均とS&P500はともに15カ月ぶり高値、
ナスダックは16カ月ぶり高値でそれぞれ引けた。米供給管理協会(ISM)が発表した
12月の製造業景気指数は55.9と前月から上昇し、2006年4月(56.0)以来
の高水準を記録、5カ月連続で景気判断の分かれ目となる50を上回った。先に発表され
た中国とインドの製造業セクターの指標も同様に強かった。日興コーディアル証券エクイ
ティ部・部長の西広市氏は「米国やインド、中国の指標で世界景気の順調な回復を裏付け
ており、株式にとってプラス材料」とみている。

 ISM製造業景気指数が強い数字となったものの一段のドル高とはならず、商品価格が
上昇した。これを受けてきょうの東京市場でも、資源関連株が物色の柱のひとつとなりそ
うだ。
 日興コーディアル証券の西広市氏は、更なる上値追いには為替動向と商いのボリューム
が鍵になると指摘する。東京証券取引所が導入した新システム「アローヘッド」が稼動を
始めた4日は様子見の投資家も多く、東証1部の売買代金は7079億円にとどまった。
大和証券キャピタル・マーケッツの高橋和宏氏は「アローヘッド初日は慎重姿勢もあった
が、商いは通常レベルに戻るとみている」と述べた。

 5日付日経新聞朝刊は、ホンダ<7267.T>が2011年にインドで生産を始める小型車で、
現地製の鋼板を初めて採用すると報じた。日本製より2─3割安い鋼板を使い価格競争力
を高めるのが狙いと同紙では伝えている。国内の鉄鋼関連株の反応が注目される。

  (ロイター日本語ニュース 石渡 亜紀子記者)
 

スポンサーサイト



category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/1082-ea53152b