FC2ブログ

分析

12月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が予想外に前月比で8万5000人と悪化して売りが先行してました。

失業率は横ばいの10%である。雇用情勢の回復力は鈍く景気は以前厳しい状態である厳しさが増してますが、ダウの推移を見るとマイナス圏で推移してましたが引けにかけてプラスに転じてます。これから出る決算発表の期待があり、悪い事には、目を瞑って楽観的な見方が優勢になってます。

買い戻しと、低金利による過剰流動性相場になってると推測します。
日本のバブル後は、過剰流動性相場があり、その後は決算は伸びず下落したことがあったように、NYダウも警戒水域に入ってると推測します。
ネガティブな指数が出てますので、金利を上げる事は出来ないですし、
これからどんどん上昇するとは思いません。

テクニカル的には、ボリンジャーが狭くなってきてますので、どちらかに振れそうです。雇用統計が良いとのことでここまで上昇してきてますので、いったんは調整すると推測してます。目安は25日線の10400ドル前後と思います。

明日は日経の展開を書きます。
スポンサーサイト
category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/1086-abf3d79c