FC2ブログ

パグ

[ワシントン 7日 ロイター] オバマ米大統領は7日、同日発表された雇用統計について、経済危機の最悪期が過ぎ去った可能性を示すとした上で、景気を再び軌道に乗せるためには依然として多くの課題が残されている、との見解を示した。
 オバマ大統領は7月の米雇用統計発表後、「われわれはけさ、最悪期を脱した可能性を示す新たなしるしを得た」と語った。
 政府の政策がクレジット市場の緊張緩和などに寄与したとし、「トンネルの先に明かりが見えると確信している。われわれは米経済をがけっぷちから引き戻した」と述べた。
 その一方で、「依然として道のりは長い。雇用が失われている間は、真の回復はない」と語った。
 7月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が24万7000人減となった。減少幅はアナリスト予想を大きく下回り、2008年8月以来の低水準となった。失業率も9.4%と前月の9.5%から若干改善。失業率の前月比低下は08年4月以来となる。ロイターがまとめたアナリスト予想は、非農業部門雇用者数が32万減、失業率が 9.6%だった。

7月と反対に政府の発表でしたね どうも早く株価対策で立ち直りたいとの思惑がみえますね。

スポンサーサイト
category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/23-e24313f0