FC2ブログ

ロイター参照 予算編成難航

10年度予算概算要求は過去最大、民主見直し方針で編成難航も
19時06分配信 ロイター


拡大写真
 8月31日、次期政権を担うことになった民主党は概算要求基準を抜本的に見直す方針を表明しており、予算編成作業が難航することが懸念されている。写真は都内で新聞を手に取る女性(2009年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)


[東京 31日 ロイター] 財務省が31日に締め切った2010年度予算の概算要求額は一般会計で92兆1300億円程度と当初予算ベースで過去最大規模に膨らむ見通しとなった。
 ただ、30日の衆院選で次期政権を担うことになった民主党は概算要求基準を抜本的に見直す方針を表明しており、予算編成作業が難航することが懸念されている。
 衆院選での民主党圧勝を受け、9月中旬にも同党を中心とした新政権が誕生することになり、予算編成プロセスが大きく変わる。民主党は首相直属の「国家戦略局」(当初は国家戦略室でスタート)を設置し、政治主導で予算の骨格を決定する方針で、10年度概算要求基準についても「抜本的に組み替える」(幹部)ことを表明している。
 このため、例年であれば概算要求締め切りを受けて開かれる主計官会議が見送られ、当初予定されていた報道各社による概算要求データの受信風景の撮影も中止された。
 撮影中止について丹呉泰健事務次官は31日午後の会見で「概算要求が堅持されるとの誤解を与える恐れもなしとしないことも含め、総合的に判断した」と説明。
 今後の予算編成作業に関しては「新政権の新たな方針が示されれば、適切に対応する」としながら、「(10年度予算の)年内編成、年度内成立が重要」と日本経済に悪影響を与えないためにも新政権が早期に予算編成方針を示すことが不可欠との認識を示した。
 10年度概算要求額は09年度当初予算に比べて3兆5800億円程度増加し、過去最大規模となる。このうち一般歳出は52兆6700億円と同9400億円の増加。地方交付税交付金は同9695億円増の17兆5428億円、国債費は同1兆6721億円増の17兆5428億円になる見込み。 .
スポンサーサイト



category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/313-6d0d191e