FC2ブログ

東京株式市場・大引け

東京株式市場・大引け
投稿者:パグ 投稿日:2009年09月14日 (月) 16時09分 No.47

15:45 14Sep2009 UPDATE1: 東京株式市場・大引け=大幅続落、先物売りに押され終値で200円超安

日経平均<.N225> 日経平均先物12月限<0#2JNI:>
終値 10202.06 -242.27 終値 10180 -220
寄り付き 10388.32 寄り付き 10340
安値/高値 10170.74─10388.32 安値/高値 10120─10350
出来高(万株) 178637 出来高(単位) 75860
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 14日 ロイター] 東京株式市場で日経平均は大幅続落。円高を嫌気して主
力輸出株が売られた一方、中小型株や材料株もふるわずほぼ全面安となった。東証1部の
売買代金が1兆1806億円と超低調で現物での動意がほとんどないなか、先物の断続的
な仕掛け売りに押された形で、200円を超す下落幅で大引けた。

 東証1部騰落数は値上がり237銘柄に対して値下がり1365銘柄、変わらずが
82銘柄だった。

 きょうは朝方の東京市場で、ドル/円為替が一時90.18円まで下落し2月12日以
来7カ月ぶり安値を更新したことを受けて、株式市場は円高への警戒感に支配された。イ
ンベストラスト代表の福永博之氏は、月末に向けての円高進行は、中間決算を前に下期の
業績回復への期待感を後退させると懸念している。
 先物では、ヘッジファンドなど短期筋の仕掛け的な売りが断続的に出たといい、「足元、
下向きトレンドに転換しているようだ」(国内証券)との声があがった。個人投資家の押
し目買いが観測された半面、大口の買いが入らず売り先行となった。「実需筋はほとんど
動いていない。海外ファンド勢など短期筋中心の売買だった」(大手証券トレーダー)と
いう。

 短期筋の売買が主流なだけに、市場では「今週発表される米国の経済指標や、16日の
特別国会召集・民主党政権の発足などをきっかけに、上昇基調に戻る可能性もある」(国
内投信)との声も出ている。
 ただ、慎重な見方も出ている。立花証券執行役員の平野憲一氏は「日本株は海外投資家
の買いに支えられているが、世界的な流動性の一部が日本株に流入している部分が大きい。
ウエート訂正のための日本株買いではないため、上値追いは想定しづらい」とみている。
「日経平均は終値で25日移動平均線を再び下回り、75日線の1万円程度までは調整
する公算が大きい」と述べた。

 業種別ではガラス・土石や、証券、非鉄金属、電気機器の下げが目立った。空運、パル
プ・紙、電気・ガスは上昇した。
 個別銘柄では、トヨタ自動車<7203.T>、キヤノン<7751.T>、ソニー<6758.T>などの主力
株、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>などの大手銀行株が軒並み売られた。
 日本航空(JAL)<9205.T>が8%近い上昇。米デルタ航空と米アメリカン航
空の米航空大手2社とそれぞれ資本交渉に入っていることが明らかになったことが買い手
がかりとなった。


スポンサーサイト



category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/435-d396c46c