FC2ブログ

NY市場サマリー(14日)

NY市場サマリー(14日)
投稿者:パグ 投稿日:2009年09月15日 (火) 08時16分 No.50
NY市場サマリー(14日)
7時43分配信 ロイター

                  (カッコ内は前営業日比、%は利回り)
ドル/円   終値    90.88/93
       始値    90.83/86
   前営業日終値    90.69/75  
ユーロ/ドル 終値   1.4626/31
       始値   1.4555/57
   前営業日終値   1.4567/73
30年債
   (2130GMT)     104*18.00 (‐0*26.00) =4.2296%
前営業日終盤    105*12.00 (+0*10.00) =4.1832%
10年債
   (2130GMT)    101*21.50 (‐0*20.50) =3.4245%
前営業日終盤    102*10.00 (+0*01.50) =3.3488%
 2年債
(2130GMT)    100*04.50 (‐0*01.25) =0.9273%
前営業日終盤    100*05.75 (‐0*01.25) =0.9073%
ダウ工業株30種(ドル)
     終値         9626.80(+21.39)
   前営業日終値    9605.41(‐22.07)
ナスダック総合
     終値         2091.78(+10.88)
   前営業日終値    2080.90(‐ 3.12)
S&P総合500種
     終値         1049.34(+6.61)
   前営業日終値    1042.73(‐1.41)
COMEX金(12月限)(ドル/オンス)
          終値    1001.10(‐5.30)
     前営業日終値   1006.40(+9.60)
原油先物(10月限)(ドル/バレル)
         終値    68.86(‐0.43)
     前営業日終値   69.29(‐2.65)
CRB商品指数(ポイント)
         終値     252.67(+1.55)
     前営業日終値    251.12(‐4.06)
 <為替> ドルがユーロに対して2008年12月以来の安値をつけた。米株価の反発を背景にリスク許容度が高まった。
 <債券> 下落。10年債利回りは2カ月ぶりの低水準から上昇した。5週連続の相場上昇を経て、利食い売りが出た。株価の戻りに加えて、起債に絡むヘッジ売りも相場を圧迫したという。 
 <株式> 反発。企業の合併・買収(M&A)の動きをめぐるニュースを受け、3月以降の50%を超える株価上昇後もなお相場に上昇余地があるとの見方が広がった。
 <金先物> 狭いレンジで売り買いが交錯したが、利益確定の売りなどに反落し、中心限月12月物は前週末終値(1006.40ドル)比5.30ドル安の1オンス=1001.10ドルで終了した。
 <原油先物> 米中の貿易摩擦をめぐる景気への影響懸念などを背景に小幅続落した。米国産標準油種WTIの中心限月10月物は、前週末終値比0.43ドル安の1バレル=68.86ドルと、中心限月の終値ベースとしては1週間超ぶりの安値で引けた。
                           [東京 15日 ロイター]

スポンサーサイト
category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/441-f5b466f4