FC2ブログ

市況

市況
投稿者:パグ 投稿日:2009年10月03日 (土) 09時00分 No.145
NY株式 
ダウ:9487.67ドル -21.61(-0.23%) 
NDQ: 2048.11ポイント -9.37(-0.46%) 
  
CME225:9735円(大証先物比 +5円)大証先物9730円
CME225円建て:9695円(大証先物比 -45円)

為替 ドル/円:1ドル=89.77円 
VIX(恐怖指数):28.68% +0.41

金価格:1トロイオンス=1002.30ドル +2.40
ニッケル価格:US$7.7678/1b 0.000 
WTI原油:69.73ドル(7:00頃現在)
バルチック海運指数:2357 +73

日経平均:9731.87円 -246.77円
SQ値 10541.92円(9/11)

日経平均25日移動平均乖離:-5.55%
騰落レシオ(25日):69.55%(-2.46%)  
サイコロジカル(12日):50.0%(0.0%) 
信用評価損率(9/18現在)11.81%(-1.57%)

東証投資主体別売買動向(週間)過去5週(9月第4週)○買い越し●売り越し
外国人○●●○●(2週ぶり売り越し)
個人 ●○●○○(2週連続買い越し)

東証投資主体別売買動向(月間)過去5ヶ月(8月まで)○買い越し●売り越し
外国人○○○○○(5ヶ月連続買い越し)
個人 ○○○●●(2ヶ月連続売り越し)

CDS指数:実勢価格149.50(+14.50)

<為替> ドルが幅広い通貨に対して下落した。9月の雇用統計が予想より弱い内容となり、金利が長期間ゼロ近辺に据え置かれるとの観測が高まった。
 <債券> 反落。来週の大規模国債入札を控えて利益確定の売りが出た。30年債利回りは5カ月ぶりの低水準から上昇に転じた。
 9月の雇用統計は予想よりも弱い内容となったものの、相場への影響は限られた。
 <株式> 4日続落。9月の雇用統計が弱い内容となり、経済の回復が予想ほど強くないとの見方が強まった。
 <金先物> ドルの値動きをにらみながら売り買いが交錯し、小幅ながら反発して終了した。中心限月12月物は1オンス=1004.30ドルと、前日終値(1000.70ドル)比3.60ドル高で終了した。
 <原油先物> 米雇用統計の悪化をきっかけに利益確定の売りが出て反落した。米国産標準油種WTIの中心限月11月物は、前日終値比0.87ドル安の1バレル=69.95ドルと3日ぶりに70ドルを割り込んで終了。ただし、週間ベースでは前週末終値(66.02ドル)比プラスとなった。12月物の終値は0.87ドル安の70.33ドル。


スポンサーサイト
category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/582-11cadaf3