FC2ブログ

東京株式市場・前場=反落

東京株式市場・前場=反落
投稿者:パグ 投稿日:2009年10月14日 (水) 11時46分 No.226

東京株式市場・前場=反落、利益確定売りに押される

日経平均<.N225> 日経平均先物12月限<0#2JNI:>
前場終値 10051.13 -25.43 前場終値 10060 -30
寄り付き 10096.01 寄り付き 10120
安値/高値 10016.24─10096.01 安値/高値 10020─10120
出来高(万株) 106130 出来高(単位) 36786
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 14日 ロイター] 東京株式市場で日経平均は反落。前日までで5日続伸と
なった後でもあり、利益確定売りに押された。米半導体大手のインテルが好決算
を発表したが、国内市場では東京エレクトロン<8035.T>、イビデン<4062.T>などの半導体
関連株は軟調。前日まで期待感で上昇していたことから利益確定売りが出たという。
 25日移動平均線や8月、9月のボックス圏下限水準の1万0140円が意識されたこ
ともあり、さえない展開となった。

 前場の東証1部騰落数は値上がり349銘柄に対して値下がり1219銘柄、変わらず
が106銘柄と値下がり銘柄が多かった。東証1部売買代金は7228億円。

 きょう午前の東京市場はインテルの決算発表を機に、ヘッジファンドやCTAからの利
益確定売りが先物に出たとの観測もきかれた。市場では「国内勢、海外勢とも現物は売り
越し姿勢。日経平均は一部の値がさ株に支えられている形だ」(準大手情報部)との声が
出ている。

 みずほ証券投資情報部・マーケットアナリストの高橋幸男氏は、足元75日移動平均線
(1万0080円程度)が上値のめどとなりそうだと指摘。「1万円の大台を意識した攻
防となりそうだが、1万円割れでは買い支えが入るのではないか」と述べた。順調な滑り
出しとなっている米企業決算が下支えするとの見方で、「今晩発表されるゴールドマン・
サックスなどの大手金融機関の決算も概ね堅調との予想で、マイナス材料にはなら
ないだろう」とみている。

 一方、カブドットコム証券投資情報局・マーケットアナリストの山田勉氏は、インテル
決算を受けた今晩の米株市場に注視している。「それを占う意味で、香港株動向に注目し
ている」と述べた。14日の香港株式市場のハンセン指数<.HSI>は続伸。1%程度の上昇
となっている。

 業種別では銀行、証券、保険の下げが目立った。鉱業、食品は高い。
 個別銘柄では、トヨタ自動車<7203.T>、ソニー<6758.T>、キヤノン<7751.T>などの主力
輸出株が軟調。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、みずほフィナンシャルグ
ループ<8411.T>、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>などの大手銀行株も売られた。
 原油高を受けて、国際石油開発帝石<1605.T>、住友金属鉱山<5713.T>などの資源関連銘
柄は堅調だった。

 

スポンサーサイト



category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/665-197f844f