FC2ブログ

米中小企業に資金難懸念 CIT破綻、景気下押しも

米中小企業に資金難懸念 CIT破綻、景気下押しも

【ニューヨーク共同】米商業金融大手CITグループが1日、経営破綻(はたん)した。混乱を回避するため、債権者の同意を取り付ける「事前調整型破綻」で、CITは当面のつなぎ資金を確保し事業を継続する方針だが、融資規模が縮小するのは確実。全米で100万社に上るとされる取引先の中小企業のうち、数千~数万社は資金難に陥るとの指摘もあり、米景気を下押しする可能性もある。

 サブプライム住宅ローン問題で2007年4~6月期に赤字に転落したCITは08年7月、住宅ローン部門を売却。中小企業向けに短期資金を融通する本業に集中することで、経営を立て直す方針を打ち出した。

 しかし、不況の深刻化で米個人消費は低迷。主力である服飾関連や小売業への融資事業が打撃を受け、CITの貸出債権は急速に不良化が進行した。経営は好転せず、今年4~6月期まで9四半期連続で赤字を計上していた。

 昨年12月に他の金融大手と同じように公的資金を受け入れたCITの経営陣は、今年夏前まで米金融当局からの再支援を当て込み、自力での本格的な資金調達には動かなかったとされる。

 だが、当局は金融システム全体に影響を与えない金融機関は救済しないとの方針から支援要請を拒否。当てが外れたCITは急きょ、負債圧縮や新たな資金調達を図ったが、既に遅かった。

 米中小企業は資金繰りが苦しくなっており、米政府は10月21日に資金繰り支援策の強化を打ち出したばかり。CITの多くの取引先が資金難に陥れば、政府が追加措置を迫られる局面も否定はできない。


スポンサーサイト



category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/818-e9731da5