FC2ブログ

今日の株式見通し=小じっかり

今日の株式見通し=小じっかり
投稿者:パグ 投稿日:2009年11月16日 (月) 08時20分 No.437

今日の株式見通し=小じっかり、GDP改善はある程度織り込み済みか

        前営業日終値 年初来高値 年初来安値
日経平均<.N225>  9770.31 10767.00 7021.28
         -34.18 2009年8月31日 2009年3月10日
同12月限<0#2JNI:> 9750
東証株価指数    866.8
TOPIX先物   865
シカゴ日経平均先物 9785 (ドル建て)
          9775 (円建て)
--------------------------------------------------------------------------------
 [東京 16日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は小じっかりの展開と
なる見通し。前週末の米株が消費回復への期待から上昇しているほか、日経平均が11月
SQ(特別清算指数)値を上回っていることで堅調な地合いのなか買いが優勢になるとみ
られている。ただ為替は1ドル90円を割り込んむ円高水準にあるほか、寄り前に発表さ
れる7─9月期の実質国内総生産(GDP)も改善するとの見込みがある程度織り込まれ
ていることから上値を追うような買い材料にはなりにくいとみられている。

 日経平均の予想レンジは9700円─9900円。

 企業決算発表も一巡し、市場の関心は10─12月、1─3月に移っている。米株が前
週末上昇したのは、娯楽大手ウォルト・ディズニーや衣料大手アバクロンビー・
アンド・フィッチの好決算のほか、百貨店大手JCペニーの明るい業績見
通しが好感され、ホリデー・シーズンの売り上げ増加期待が高まったためだ。
 このため、市場の関心度が高いのは国内7─9月期GDPよりも、今晩発表予定の10
月米小売売上高。「GDPはよほどサプライズがなければ織り込み済みとの市場反応にな
りそうだ。それよりも8月は政策効果で上昇し、9月はその反動でマイナスとなった米小
売売上高が10月にどうなるかが注目ポイントだ」(明和証券シニアマーケットアナリス
トの矢野正義氏)という。

 前週の米株上昇と、日経平均が11月限SQ(特別清算指数)の9746円49銭を上
回っていることで買いが先行しやすいとみられているが、「円高や大手企業のファイナン
ス懸念もあり、上値は限定的」(準大手証券情報担当者)との見方が多い。

 公募増資の方針が明らかになった三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や日立
製作所<6501.T>に関しては「希薄化懸念でいったん売りが先行しそうだが、両銘柄ともあ
る程度予想されていたため、全体への影響は限定的だろう」(明和証券の矢野氏)という。

 (ロイター日本語ニュース 伊賀 大記記者)
 

スポンサーサイト
category
パグ
RelationEntry

Trackback

http://covercomment.blog76.fc2.com/tb.php/923-60dc29a0